育毛シャンプーの正しい使用方法

育毛シャンプーの正しい使用方法

自分の頭皮の状態に合った育毛シャンプーを使っていても、正しい使い方をしていなければ頭皮の状態は改善されません。
間違った使い方をしていれば、かえって薄毛の原因を作ってしまっていることにもなります。育毛シャンプーの正しい使用方法を覚えておきましょう。

 

まずは、シャンプーをする前に「予洗い」をします。
38〜40℃くらいのお湯で髪を十分に濡らします。髪に付いたほこりや汚れを落とすような感じで濡らしていきましょう。時間がない時や面倒な時は、ササッとやってしまいがちですが、頭皮の血行を良くするためにもゆっくりと時間をかけて行ってください。余洗いが終わったら育毛シャンプーの登場です。普通のシャンプーだと原液のまま髪に塗ってしまいますが、育毛シャンプーは手で泡立ててから髪に乗せるようにしましょう。

 

育毛シャンプーは泡立ち成分があまり入っていないため、泡立ちにくいものです。
直接髪に塗ってから泡立たせようとすると、余計な力が入ってしまい、頭皮を痛めることになってしまいます。掌でよく泡立ててから髪に乗せて下さいね。洗い方にも注意をしましょう。汚れを落とそうとガシガシ洗ってはいけません。ゆっくりと頭皮をマッサージするように優しく洗いましょう。洗いが終わったらすすぎです。育毛シャンプーに配合されている保湿成分を頭皮に残そうと、すすぎをしっかり行わない人がたまにいますが、それは止めましょう。しっかりとすすいでください。すすぎが終わったらしっかりと髪を乾かしてください。
濡れたままの状態は頭皮を余計乾燥させてしまいます。ドライヤーでちゃんと乾かしたら終了です。